身体を守るコンドロイチン

コンドロイチンの機能

人間の体内には、その機能を維持したり助けるために様々な成分が存在しているのを御存じでしょうか。その中でもコンドロイチンは、いたるところに存在し、多くの身体機能に関わっている成分なのです。コンドロイチンの役割は、体内の水分量の調整、骨の形成、間接組織の円滑化、傷を治す力を高めたりなどまだまだ多くあります。コンドロイチンは消費されるものですが、それを補うように体内で生成されていきます。しかし、歳をとるごとに生産量は減少していき、その結果として様々な関節や皮膚への障害を引き起こすのです。

'); define("P_END", '

'); ?>

コンドロイチンの補充

コンドロイチンが加齢によって生成されにくくなり、健康な身体の維持に不足するのであれば外部から摂取する必要があります。コンドロイチンを含む食品は納豆、山芋、オクラ、フカヒレ、スッポンなど、ネバネバしたものに含まれているとされます。しかしそれによって摂取できる量は少量であり、またその様なネバネバする食品が苦手な人もいます。そこで必要とされるのが、コンドロイチンのサプリメントなのです。サプリメントであれば好き嫌いの関係無く摂取する事も出来るうえ、仕事などで不規則な生活な人にも安定して摂取出来ます。

'); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?> '); define("P_END", '

'); ?>
 

ページの先頭へ